部門紹介

お問い合わせ・ご相談

医療法人社団 けいせい会 東京北部病院 〒123-0872 東京都足立区江北6-24-6 交通アクセス

  • 乳がん検診促進キャンペーン
  • 採用情報
  • 医療専門の求人サイト 医療21

ME室について

日々進化する医療分野において医療機器も複雑・高度化に進歩しながら、患者様の治療などに使用され欠かせない存在になっています。 しかし、医療機器の進歩も目まぐるしく、医師や看護師のみでは、それら医療機器を安全に操作かつ管理運用することが難しくなってきました。

そこで、それら医療機器を専門的に操作及び管理する技士としてME(Medical Engineer)と呼ばれる臨床工学技士がいます。 当院では臨床工学技士がチームとなりME室として、生命維持に関する重要な医療機器を中心に病院内で安全かつ効率よく運用できるように操作および保守点検管理を行い安全性の向上に努め、病院全体でのチームの一員をして患者様に貢献できるようにがんばっています。

業務内容のご紹介

ME機器管理業務

人工呼吸器。患者監視装置・除細動・輸液ポンプ・輸注ポンプ・IABP・体外式ペースメーカーなどの医療機器を管理しています。 また定期点検を行い故障の早期発見と安全性の向上に努めています。

血液浄化業務

人工呼吸器を装着された患者様の元へラウンド(作業状況の確認終末呼気炭酸ガス濃度測定)を行い使用中の安全の確保および返却時の指導前点検・定期点検を行い緊急時にでも安全に使用して頂けるように努めています。

人工呼吸療法業務

外来維持血液透析の他、各種血液浄化を行っています。

DSA室業務

循環器内科を中心に心臓カテーテル検査・治療を行っており、検査・治療中の医療機器の操作など全ての症例に立ち会い、検査や治療が円滑かつ安全に終了するように努めています。

高気圧酸素治療業務

1人用の第1種高気圧酸素治療装置にて、体の一部または全体の酸素が足らなくなってしまった患者様を対象に治療のお手伝いをさせて頂いています。

その他の業務として、手術室の医療機器管理やペースメーカー外来の立会いなども行っています。また、今後は早期に在宅に帰る方向にあり、在宅における酸素治療や人工呼吸療法にも積極的に関わっていきたいと思います。 当院ME室は365日24時間緊急の呼び出し対応を行っています。