乳がん検診

乳がん検診について

女性のがんの中でも一番多いのが、乳がんです。日本では16人に1人が乳がんになっているといわれます。乳がんは早期発見し、直ちに治療を開始すれば治癒する可能性が高い病気です。

乳がん増加の原因は?

乳がんの発生と進行には、女性ホルモンが関係していると考えられています。出産の減少、食生活の欧米化、初潮年齢が若年化、閉経時期の遅延など、女性ホルモンの影響を受ける期間が長くなった事が、近年の乳がん増加に関連があるとされています。

乳がんにかかりやすい女性とは?

乳がんの最も大きなリスク要因は遺伝的なものです。母親や姉妹に乳がんになった人がいる場合は、リスクは2倍になるといわれています。
また、次のような場合はなりやすいといわれています。

初潮年齢が早かった方(11歳以下)
閉経年齢が遅かった方(55歳以上)
出産経験がない、あるいは初産が30歳以上
肥満(特に50歳以上で、標準体重の+20%以上)
乳がんの既往(反対側の乳房が乳がんになる危険性が高い)
避妊薬のピルや女性ホルモン、副腎ホルモンを常用している人
アルコールを飲む機会が多い人 等

乳がんの自覚症状について

早期の乳がんでの場合、自覚症状はあまりありません。がん細胞が時間の経過とともに増殖し、浸潤がんとなり、気が付いたときには血管やリンパ管へと広がっていることがあります。
つまり、乳がんの症状は「しこり」だと思っている方も多いですが、初期の頃は「しこり」のような自覚症状がありません。

乳がん検診の重要性

初期の自覚症状ない乳がんは、定期的な自己管理をする必要があります。乳がん検診の機会を利用してください。特に、40歳以上の方の乳がん罹患率は、子宮がんの約2倍、卵巣がんの約4倍と言われています。

乳がんに罹患したときの乳房の変化

自己触診により乳房の変化があった場合は、すぐに医療機関を受診してください。

  • 「しこり」が触れる場合
  • 乳頭分泌を認めた場合
  • 片方の乳房のみに、違和感を覚えた場合
  • 乳頭のひきつれ・えくぼのような凹みがみられる場合
  • 乳房痛がある場合
  • その他、いつもの乳房と異なった感じがある場合

当院の乳がん検診

当院では多くの方に躊躇なく検診を受けていただけるように、乳がんの検診は女性技師が担当いたします。

マンモグラフィ検査について

マンモグラフィ検査は広範囲に読影可能で、小さな石灰化の段階の腫瘤を発見することができます。ただし、乳腺が発達している20~30歳代の乳房では、十分に病変を検出しにくい場合があります。

超音波検査とマンモグラフィ検査はどちらも乳房の検査ですが、原理や精密度が異なり、どちらが正確かという比較は簡単にはできません。どちらも乳がんの検査としては欠かせない検査です。
乳がんの発見率を上げるためにも、視・触診とマンモグラフィ検査、そして超音波検査を併用した乳がん検診が有用です。
検査は女性技師が担当しますので、安心して検査受診できます。

超音波検査について

超音波検査とは、超音波をあてて、そのはね返ってくる(エコー)を画像化する検査で、しこりの有無を確認していきます。マンモグラフィ検査とは異なり、放射線の影響や痛みがなく、手で触れただけでは判定しづらい「しこり」を発見できます。

小さな石灰化は発見しにくいというデメリットもあります。乳房に腫瘤(しこり)が存在した場合、腫瘤の形状や広がり方・性質等から、良性なのか悪性なのかを判断していきます。
検査は女性技師が担当しますので、安心して検査受診できます。

マンモグラフィ検査と超音波検査の違い

「マンモグラフィと超音波検査どちらの方がいいのですか?」とのお問い合わせをいただきますが、マンモグラフィと乳房超音波検査では見ているものが違います。

マンモグラフィ・乳房専用のレントゲン検査で、圧迫板で乳房をはさみ、薄く引き延ばして撮影します。石灰化を作るがんに対して非常に有効です。

超音波検査:超音波を出す「プローブ」と呼ばれるセンサーを当て、はね返ってくる音波を画像化して、乳房内部の様子を映し出します。しこりを作るがんに対して有効です。

それぞれに長所と短所がありますので、両方お受けいただくのが理想ですが、どちらか一方をお受けいただく場合は年齢を目安としてください。若い方は一般的に乳腺が発達しているため乳房超音波検査が向いています。当院では、目安として以下のようにお勧めしています。

30歳代の方 まずは乳房超音波検査を受けてください。
40歳代の方 マンモグラフィと乳房超音波検査を毎年交互に受けてください。
50歳代以上の方 年に一度マンモグラフィと乳房超音波検査の両方を受けてください。

乳がん検診促進キャンペーン

乳がんの早期発見には検査が最も大切です。しこりのない初期の乳がんは乳がん検査でしか発見できません。当院では、乳がん早期発見のため乳がん検診キャンペーンを実施しています。検査は女性技師が担当しますので、安心してご受診ください。

当院では、乳がん早期発見のため乳がん検診強化中です!!
検査は女性技師が担当しますので、安心して受診をお勧め致します。 早期乳がんの発見率を上げるためにも、視・触診とマンモグラフィ検査、 そして超音波検査を併用した乳がん検診が有用です!

マンモグラフィ検査

マンモグラフィは左右の乳房を横方向と上下方向から挟んで撮影します。 広い範囲を診る事が可能で、触診では見つけることができない小さなしこりや、乳がんの特徴の一つである微細な石灰化を発見しやすい検査と言われています。

乳腺超音波検査(エコー)

乳腺超音波検査は乳房に超音波をあてて、その反射波(エコー)を画像化する検査で、乳腺内部を確認していきます。マンモグラフィ検査とは異なり、被ばくや痛みはありません。手で触れただけでは判定しづらい「腫瘍(しこり)」を発見することができ、特に乳腺が発達しており、マンモグラフィでは判断しづらい20〜30歳代の乳房で病変を検出しやすいという特徴があります。授乳中・妊娠中の方も検査可能です。

乳がん検診のお問合わせ

乳がん検診のお問合わせ

完全予約制となっております。

検査方法 マンモグラフィと乳腺エコー
対象者 年齢・住所に関係なく、受診できます。乳がんの早期発見のため、母娘・同僚・ママ友などお誘い合わせのうえ、お申込下さい。
また、乳房に少しでも違和感を感じたら、乳腺外科を受診しましょう。
電話予約

03-3854-3181(健診担当者宛)

直接来院 健診担当をお呼びください。不在のときは後日こちらからご連絡いたしますので、ご連絡先をお申し付けください。

>乳がん検診促進キャンペーンポスター画像

乳がん検診の現状

元キャンディーズの『スーちゃん』こと、田中好子さんが亡くなられたのが、まだ記憶に新しいですが、先日テレビを見ていましたら、タレントの麻木久仁子さんの初期乳がんの切除手術の番組が放送されていました。 また、アメリカ女優アンジェリーナ・ジョリーさん(37)が『乳がんのリスクを減らす予防措置で、両乳房を切除』というニュースも聞きました。調べてみると、乳がんを患った芸能人は多く、

宮崎ますみさん(女優)…37歳
平松愛梨さん(シンガーソングライター)…38歳
音無美紀子さん(女優)…38歳
山田邦子さん(タレント)…47歳
アグネス・チャンさん(歌手・タレント)…52歳
倍賞千恵子さん(女優)…60歳

アグネス・チャンさんは右の乳房に4ミリのしこりを発見。見過ごすことの多い大きさだが、その4日前に開かれた日本対がん協会が主催する啓発イベント『関西リレー・フォー・ライフ』に参加し、がんに対する意識が高まっていたため、早期発見することが出来たそうです。

各国のマンモグラフィ検診受診率

ある番組の中で、日本の乳がん検診受診率が外国に比べて、非常に低いことが取り上げられていました。 実際調べてみると、乳がん検診(マンモグラフィ)受診率は、先進諸外国が70%を超えているのに対し、日本はたったの5.6%(上図)しかありません。 女性にとって大切な乳房を守る乳がん検診がこれほど低い受診率だったことに改めて驚かされました。 また、日本国内においても、地域格差は大きく、東京都は全国平均を下回る全国32位の受診率となっています。

自己検診の方法

毎月1回の自己検診の方法とポイント

入浴時や着がえのときに、鏡の前で腕の上げ下げなどのポーズをしながら目で確認します(視診)。

おやすみ前に、あお向けの姿勢で乳房やわきの下のリンパ節をさわります(触診)。

指の腹を使って乳房全体をくまなく触れてみましょう。乳頭を中心に円を描くようにしてもよいし、肋骨に沿って横に指をずらしながら触れていってもよいでしょう。 指でつまむのではなく、ていねいにおさえるようにして行ってください。

自己検診の時期

閉経前:月経が始まって1週間くらいが適しています。
閉経後:毎月1回一定の時期に行ってください。
自己検診を続け乳房の正常時の状態を知ることで、小さな異常やしこりに気づくようになります。

視診、触診による異常所見

いつもと違うしこりやかたさがないか。

 

えくぼのようなくぼみがないか。

 

乳頭がただれたり、かさぶたになっていないか。

乳頭から血液が混じったような分泌物がないか。

 

わきの下に、しこりがないか。

 

皮膚が赤くはれたり、オレンジの皮のようにざらざらしていないか。

ご予約・ご相談はお気軽に

患者様のご希望に沿った負担の少ない治療を心掛けています。
まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 03-3854-3181contact_spimg01.png
  • 24時間受け付けております メールでのお問い合わせ24時間受け付けております メールでのお問い合わせ
  • 医療法人社団 景星会 大塚北口診療所医療法人社団 景星会 大塚北口診療所
  • 大塚北口健康管理クリニック 医療法人社団 景星会大塚北口健康管理クリニック 医療法人社団 景星会
  • 医療法人社団 景星会 大塚北口眼科医療法人社団 景星会 大塚北口眼科
  • 医療法人社団 けいせい会 西新井大師西 腎透析クリニック医療法人社団 けいせい会 西新井大師西 腎透析クリニック
  • 医療法人社団ケイセイ会 Parkside Clinic パークサイドクリニック医療法人社団ケイセイ会 Parkside Clinic パークサイドクリニック
  • 医療法人社団 さくら景星会 桜台病院医療法人社団 さくら景星会 桜台病院
  • 医療法人社団景星会赤羽 赤羽東口病院医療法人社団景星会赤羽 赤羽東口病院
  • 池袋西口接骨院・マッサージ院池袋西口接骨院・マッサージ院
  • PREVENTPREVENT